にじさんじ前世

【夢月ロア】中の人(前世)は誰なんだ?独特な訛りはどこから来ているのか?

2019年10月17日

今回は、にじさんじ所属のVTuber、夢月ロアちゃんの中の人(前世)に迫っていきます!!

夢月ロアちゃんといえば、独特のイントネーションがある舌足らずな喋りがリスナーのハートを掴んでいます!

では、その独特な訛りはどこの地方のものでしょうか?

夢月ロアとは?

【夢月ロア】中の人(前世)は誰なんだ?独特な訛りはどこから来ているのか?

 夢月ロアさんとは、にじさんじ所属の悪魔VTuberです。

本人は一人前の悪魔のつもりですが、人当たりの良さからいつも空回りした行動をしている。

「~なのでよー。」「お?」と可愛らしい口癖を使っており、愛くるしい見た目と相まって破壊力は抜群です。

また、独特なイントネーションで話すため、「魔界訛り」とリスナーから呼ばれている。

今回は、「魔界訛り」が原因で中の人(前世)の人物が特定されることに!?

夢月ロアの中の人(前世)は?

夢月ロアさんの中の人(前世)ですが、現在有力だとされている人物が原涼子さんです。

原涼子さんとは?

原涼子さんはアニメ「ばらかもん」に出演した子役声優になります。

所属事務所はスペースクラフトのジュニアに所属していたはずですが、現在は所属していないようです。(サイトから名前が確認できませんでした。)

夢月ロア=原涼子?

「ばらかもん」にて原涼子さんが担当した声は、”なる”という子供になります。

ばらかもんは長崎県・五島列島を舞台とした物語で、島民の子供である”なる”には五島列島の独特な方言や訛りがあります。

その声を担当した原涼子さんはもちろん、その訛りについて勉強をしております。

その独特な訛りから夢月ロアちゃんの「魔界訛り」に似ているということで、夢月ロア=原涼子さんの構図ができております。

出典:YouTube

夢月ロア≠原涼子!!なぜなら...。

夢月ロア=原涼子説を説明しましたが、実際はあり得ないことだと考えております。

なぜなら「ばらかもん」にて”なる”の役を担当した原涼子さんは当時9歳でした。そして現在の年齢は14歳(未成年)です。

未成年でもにじさんじ事務所の所属は可能だと思いますが、夢月ロアちゃんの配信は他のVTuberと比較すると深夜に行なう傾向があります。

出典:YouTube

そのため、原涼子さんが中の人だとすると、にじさんじ事務所は未成年を深夜に労働させていることになってしまいます。

法律では、午後10時以降に18年未満の年少者を働かせると雇った側が6ヶ月の懲役、または30万円以下の罰金を受けることになっております。

以上のことから、夢月ロア≠原涼子だと言えます。

まとめ

今回はにじさんじ所属のVTuber、夢月ロアさんの中の人(前世)に迫るということで、子役の原涼子さんを紹介しました。

しかしながら、年齢的に考えて、夢月ロアさんの中の人ではないとの結論に至りました。

では、夢月ロアさんの中の人は誰なのでしょうか?

真相は闇の中です(冗談)

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。よければコメント&シェアをお願いします。
  • この記事を書いた人

いとう よしかげ

VTuber大好きおじさんの"いとう よしかげ"です。 VTuberに関する情報をドンドンお伝えしていきます! Twitterのフォローよろしくお願いいたします。 以上

-にじさんじ前世
-,

Copyright© ばーちゃるマガジン!! , 2020 All Rights Reserved.