炎上

【湊あくあ】タピオカブームで炎上してしまったってマジ!?

2020年1月28日

【湊あくあ】タピオカブームで炎上してしまったってマジ!?

今回は、湊あくあさんが起こしてしまった「タピオカミルク炎上事件」についてお伝えいたします。

事件が起きたのは、2019年3月31日のbilibiliでの配信になります。

「タピオカミルク」の話で、湊あくあさんのちょっとした失言が原因で「国際問題」の炎上が起きてしまいました。

ホロライブ所属の湊あくあとは?

【湊あくあ】タピオカブームで炎上してしまったってマジ!?

湊あくあさんは、ホロライブ所属のVTuberです!

湊あくあさんはマリンメイド服に身を包んだ清楚キャラに見えます。

しかし、中身はまさかの"狂人"です。

薬物でもやっているのでは?と思わせる雄叫びや、キーボードを破壊する発狂ぶりは脱帽ものです。

とはいえ、天地のようなギャップがリスナーを喜ばせています。

中国のbilibiliチャンネルにて炎上!

【湊あくあ】タピオカブームで炎上してしまったってマジ!?

湊あくあさんは、日本ではYouTubeでの活動をメインに行なっていますが、中国ではbilibiliでの活動で有名です。

bilibiliを詳しく知らない方は「中国版のYouTube」だと思ってください。

bilibiliにて配信をしている”湊あくあさん”ですが、2019年3月31日の配信「【Vtuber】一週間お疲れ様でした。【湊あくあWEEK】19:00〜」にて 炎上事件を起こしてしまいました。

この配信は、YouTubeでも配信をしており、必然的にYouTubeは日本人リスナー、bilibiliは中国人リスナーが視聴している。

原因はタピオカミルクだった!?

炎上が起きた原因は、なんと”タピオカミルク”になります。

タピオカミルクのイメージ
Homemade Milk Bubble Tea with Tapioca Pearls
出典:店舗経営レシピブック

「えっ?どういうこと??」と戸惑った読者もいるかと思いますが、炎上までの過程を順に説明していきます。

タピオカミルク炎上事件の経緯

  1. 配信の雑談で、大空スバルとオフで遊んでいた話をする。(このとき大空スバルは不在)
  2. このとき日本でブームとなっていた”タピオカミルク”を飲んだことを話すが、タピオカドリンクを「中国の飲み物」と紹介してしまう。
  3. YouTube側のリスナーからのコメントにて「台湾の飲み物」だと伝えられ、湊あくあさんは訂正した。
  4. 湊あくあさんの一言が「中国と台湾は別の国である」との旨を含んでいると、bilibili側のリスナーに伝わってしまう。
  5. bilibiliにて、コメント欄が「中国と台湾の国際問題」で荒れる。
  6. 「中国と台湾の国際問題」で荒れていることがYouTubeのコメントにて、湊あくあに伝わるが、炎上の規模や事の深刻さが充分に伝わらなかった。
  7. 事の深刻さが分かっていない湊あくあさんは、「いらすと屋の土下座の画像に自分の顔をあてはめ謝罪する 」という見方によっては”煽っている”とも受け止められる謝罪をしてしまう。

以上が、湊あくあさんの「タピオカミルク炎上事件」の経緯である。

ちなみに、配信の「【Vtuber】一週間お疲れ様でした。【湊あくあWEEK】19:00〜」はYouTube&bilibiliから削除されているため、現在は視聴できない。

湊あくあのチャンネルがBANに!?

炎上後、湊あくあさんのbilibiliチャンネルは一時的にBANとなりました。(すぐに解除されたそうですが)

ちなみに、当時の湊あくあさんのbilibiliチャンネルは、チャンネル登録者数20万人を超えていて、bilibiliでの投げ銭は月で200万円とのこと。

BANがすぐに解除されてよかったね。

ちょっとした失言が国際問題に発展

ぶっちゃけ今回ご紹介した湊あくあさんの「タピオカミルク事件」は避けようがなかった事態ともいえます。

というのも、今回の件は「タピオカミルク」の発祥が”中国”、”台湾”のどちらと答えても、同じ事態になっていたでしょう。

まとめ

【湊あくあ】タピオカブームで炎上してしまったってマジ!?

今回は、湊あくあさんの「タピオカミルク炎上事件」をご紹介しました。

ちょっとした失言でも大きな炎上に繋がってしまうというのは、企業所属のVTuberだと気をつけないといけないのでしょうが、”国際的教養”をすべて身につけるのは難しいですね。

「炎上を起こさない」というより、「炎上が起きたら速やかに鎮火させる」ほうが対処としては楽なのかもしれません。

そういう意味では、湊あくあさんの”よくわからずに謝罪”はあまり良い手段ではありませんね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。よければコメント&シェアをお願いします。

  • この記事を書いた人

いとう よしかげ

VTuber大好きおじさんの"いとう よしかげ"です。 VTuberに関する情報をドンドンお伝えしていきます! Twitterのフォローよろしくお願いいたします。 以上

-炎上
-, ,

Copyright© ばーちゃるマガジン!! , 2020 All Rights Reserved.